ヴィトックスα お酒が体内に残ったままだと増大効果がなくなります

ヴィトックスα お酒
ヴィトックスα お酒

ヴィトックスα お酒が体内に残ったままだと増大効果がなくなります

体内にあるアルコールを分解するためにヴィトックスαの成分が使われてしまうと、増大に影響を及ぼす事は不可能になってしまうので増大効果がなくなります。

ヴィトックスαはお酒を飲んだ後に飲んでも大丈夫?

ヴィトックスαは薬ではないので、お酒を飲んだ後に飲んでも大丈夫だと思いがちですが、実は違います。
お酒を飲んだ後にヴィトックスαを飲むと、ヴィトックスαの効果を半減させてしまいます。
お酒を飲むと血流も良くなるので、ヴィトックスαの効果がアップするように感じてしまうかもしれませんが、体内でアルコールを分解するためにヴィトックスαの成分が使われてしまうんです。
体内でアルコールを分解するためにヴィトックスαの成分が使われてしまうと、増大に影響を及ぼす事は不可能になってしまいますよね。
お酒を飲んだ後にヴィトックスαを飲んでも、効果が奪われてしまうため、もったいないだけなんです。
毎晩お酒を飲む人なら、ヴィトックスαは夜ではなく朝かお昼に飲むようにしましょう。

飲酒後何時間たてばヴィトックスαを飲んでいいの?

お酒を飲んだ後にヴィトックスαを飲んでも効果は期待できませんが、アルコールが完全に分解された後なら、ヴィトックスαを服用してもOKです。
アルコールの分解にはある程度時間はかかりますが、缶ビールや缶チューハイ、焼酎なら2~3時間後、ワイン2杯程度やウイスキーダブル1杯程度で3時間後くらいなら、ヴィトックスαを飲んでも大丈夫です。
ただ、アルコールを分解できる時間には個人差もありますから、参考程度に考えておいてください。
ヴィトックスαを毎晩飲んでいる人で、急に飲み会が入ってしまった場合などは、アルコールを飲む量と、分解される時間を考慮して、ヴィトックスαを飲む時間を考えましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*